万葉集1561番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1561番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1561番について

歌番号

1561番

原文

吉名張乃|猪養山尓|伏鹿之|嬬呼音乎|聞之登聞思佐

訓読

吉隠の猪養の山に伏す鹿の妻呼ぶ声を聞くが羨しさ

かな読み

よなばりの|ゐかひのやまに|ふすしかの|つまよぶこゑを|きくがともしさ

カタカナ読み

ヨナバリノ|ヰカヒノヤマニ|フスシカノ|ツマヨブコヱヲ|キクガトモシサ

ローマ字読み|大文字

YONABARINO|IKAHINOYAMANI|FUSUSHIKANO|TSUMAYOBUKOEO|KIKUGATOMOSHISA

ローマ字読み|小文字

yonabarino|ikahinoyamani|fusushikano|tsumayobukoeo|kikugatomoshisa

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良県|桜井市|地名|動物

校異

聞【類】【紀】(塙)門

寛永版本

よなばりの,[寛]ふなはりの,
ゐかひのやまに,[寛]さかひのやまに,
ふすしかの[寛],
つまよぶこゑを,[寛]つまよふこゑを,
きくがともしさ,[寛]きくかともしさ,

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました