万葉集1592番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1592番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1592番について

歌番号

1592番

原文

然不有|五百代小田乎|苅乱|田蘆尓居者|京師所念

訓読

しかとあらぬ五百代小田を刈り乱り田廬に居れば都し思ほゆ

かな読み

しかとあらぬ|いほしろをだを|かりみだり|たぶせにをれば|みやこしおもほゆ

カタカナ読み

シカトアラヌ|イホシロヲダヲ|カリミダリ|タブセニヲレバ|ミヤコシオモホユ

ローマ字読み|大文字

SHIKATOARANU|IHOSHIRODAO|KARIMIDARI|TABUSENIOREBA|MIYAKOSHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

shikatoaranu|ihoshirodao|karimidari|tabusenioreba|miyakoshiomohoyu

左注|左註

右天平十一年己卯秋九月作

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良県|桜井市|望郷|天平11年9月年紀|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

しかとあらぬ,[寛]たたならす,
いほしろをだを,[寛]いほしろをたを,
かりみだり,[寛]かりみたり,
たぶせにをれば,[寛]たふせにをれは,
みやこしおもほゆ[寛],

巻数

第8巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました