万葉集1444番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1444番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1444番について

歌番号

1444番

原文

山振之|咲有野邊乃|都保須美礼|此春之雨尓|盛奈里鶏利

訓読

山吹の咲きたる野辺のつほすみれこの春の雨に盛りなりけり

かな読み

やまぶきの|さきたるのへの|つほすみれ|このはるのあめに|さかりなりけり

カタカナ読み

ヤマブキノ|サキタルノヘノ|ツホスミレ|コノハルノアメニ|サカリナリケリ

ローマ字読み|大文字

YAMABUKINO|SAKITARUNOHENO|TSUHOSUMIRE|KONOHARUNOAMENI|SAKARINARIKERI

ローマ字読み|小文字

yamabukino|sakitarunoheno|tsuhosumire|konoharunoameni|sakarinarikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|大原高安|高安王|植物|叙景

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

やまぶきの,[寛]やまふきの,
さきたるのへの[寛],
つほすみれ[寛],
このはるのあめに,[寛]このはるさめに,
さかりなりけり[寛],

巻数

第8巻

作者

高田女王

タイトルとURLをコピーしました