万葉集1511番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1511番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1511番について

歌番号

1511番

原文

暮去者|小倉乃山尓|鳴鹿者|今夜波不鳴|寐<宿>家良思母

訓読

夕されば小倉の山に鳴く鹿は今夜は鳴かず寐ねにけらしも

かな読み

ゆふされば|をぐらのやまに|なくしかは|こよひはなかず|いねにけらしも

カタカナ読み

ユフサレバ|ヲグラノヤマニ|ナクシカハ|コヨヒハナカズ|イネニケラシモ

ローマ字読み|大文字

YUFUSAREBA|OGURANOYAMANI|NAKUSHIKAHA|KOYOHIHANAKAZU|INENIKERASHIMO

ローマ字読み|小文字

yufusareba|oguranoyamani|nakushikaha|koyohihanakazu|inenikerashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|斉明天皇|地名|動物

校異

歌【西】謌|歌【西】謌【西(訂正)】歌|->宿【西(右書)】【類】【紀】【細】

寛永版本

ゆふされば,[寛]ゆふされは,
をぐらのやまに,[寛]をくらのやまに,
なくしかは,[寛]なくしかの,
こよひはなかず,[寛]こよひはなかす,
いねにけらしも[寛],

巻数

第8巻

作者

舒明天皇

タイトルとURLをコピーしました