万葉集1655番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1655番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1655番について

歌番号

1655番

原文

高山之|菅葉之努藝|零雪之|消跡可曰毛|戀乃繁鶏鳩

訓読

高山の菅の葉しのぎ降る雪の消ぬと言ふべくも恋の繁けく

かな読み

たかやまの|すがのはしのぎ|ふるゆきの|けぬといふべくも|こひのしげけく

カタカナ読み

タカヤマノ|スガノハシノギ|フルユキノ|ケヌトイフベクモ|コヒノシゲケク

ローマ字読み|大文字

TAKAYAMANO|SUGANOHASHINOGI|FURUYUKINO|KENUTOIFUBEKUMO|KOHINOSHIGEKEKU

ローマ字読み|小文字

takayamano|suganohashinogi|furuyukino|kenutoifubekumo|kohinoshigekeku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|恋情|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たかやまの[寛],
すがのはしのぎ,[寛]すかのはしのき,
ふるゆきの[寛],
けぬといふべくも,[寛]けぬとかいふも,
こひのしげけく,[寛]こひのしけけく,

巻数

第8巻

作者

三国人足

タイトルとURLをコピーしました