万葉集1517番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1517番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1517番について

歌番号

1517番

原文

味酒|三輪乃祝之|山照|秋乃黄葉<乃>|散莫惜毛

訓読

味酒三輪のはふりの山照らす秋の黄葉の散らまく惜しも

かな読み

うまさけ|みわのはふりの|やまてらす|あきのもみちの|ちらまくをしも

カタカナ読み

ウマサケ|ミワノハフリノ|ヤマテラス|アキノモミチノ|チラマクヲシモ

ローマ字読み|大文字

UMASAKE|MIWANOHAFURINO|YAMATERASU|AKINOMOMICHINO|CHIRAMAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

umasake|miwanohafurino|yamaterasu|akinomomichino|chiramakuoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|三輪|奈良|枕詞|地名|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|祝【類】(塙)社|->乃【類】【紀】

寛永版本

うまさけ,[寛]うまさかの,
みわのはふりの,[寛]みわのはふりか,
やまてらす[寛],
あきのもみちの[寛],
ちらまくをしも[寛],

巻数

第8巻

作者

長屋王

タイトルとURLをコピーしました