万葉集1624番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1624番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1624番について

歌番号

1624番

原文

吾之蒔有|早田之穂立|造有|蘰曽見乍|師弩波世吾背

訓読

我が蒔ける早稲田の穂立作りたるかづらぞ見つつ偲はせ我が背

かな読み

わがまける|わさだのほたち|つくりたる|かづらぞみつつ|しのはせわがせ

カタカナ読み

ワガマケル|ワサダノホタチ|ツクリタル|カヅラゾミツツ|シノハセワガセ

ローマ字読み|大文字

WAGAMAKERU|WASADANOHOTACHI|TSUKURITARU|KAZURAZOMITSUTSU|SHINOHASEWAGASE

ローマ字読み|小文字

wagamakeru|wasadanohotachi|tsukuritaru|kazurazomitsutsu|shinohasewagase

左注|左註

右三首天平十一年己卯秋九月徃来

事項|分類・ジャンル

秋相聞|大伴家持|贈答|天平11年9月年紀|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|蒔【類】【紀】業

寛永版本

わがまける,[寛]わかわさなる,
わさだのほたち,[寛]わさたのほたて,
つくりたる[寛],
かづらぞみつつ,[寛]かつらそみつつ,
しのはせわがせ,[寛]しのはせわかせ,

巻数

第8巻

作者

坂上大嬢

タイトルとURLをコピーしました