万葉集1558番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1558番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1558番について

歌番号

1558番

原文

鶉鳴|古郷之|秋芽子乎|思人共|相見都流可聞

訓読

鶉鳴く古りにし里の秋萩を思ふ人どち相見つるかも

かな読み

うづらなく|ふりにしさとの|あきはぎを|おもふひとどち|あひみつるかも

カタカナ読み

ウヅラナク|フリニシサトノ|アキハギヲ|オモフヒトドチ|アヒミツルカモ

ローマ字読み|大文字

UZURANAKU|FURINISHISATONO|AKIHAGIO|OMOFUHITODOCHI|AHIMITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

uzuranaku|furinishisatono|akihagio|omofuhitodochi|ahimitsurukamo

左注|左註

右二首沙弥尼等

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|飛鳥|宴席|豊浦寺|動物|植物

校異

特に無し

寛永版本

うづらなく,[寛]うつらなく,
ふりにしさとの[寛],
あきはぎを,[寛]あきはきを,
おもふひとどち,[寛]おもふひととち,
あひみつるかも[寛],

巻数

第8巻

作者

沙弥尼

タイトルとURLをコピーしました