万葉集1604番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1604番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1604番について

歌番号

1604番

原文

秋去者|春日山之|黄葉見流|寧樂乃京師乃|荒良久惜毛

訓読

秋されば春日の山の黄葉見る奈良の都の荒るらく惜しも

かな読み

あきされば|かすがのやまの|もみちみる|ならのみやこの|あるらくをしも

カタカナ読み

アキサレバ|カスガノヤマノ|モミチミル|ナラノミヤコノ|アルラクヲシモ

ローマ字読み|大文字

AKISAREBA|KASUGANOYAMANO|MOMICHIMIRU|NARANOMIYAKONO|ARURAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

akisareba|kasuganoyamano|momichimiru|naranomiyakono|arurakuoshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|荒都|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あきされば,[寛]あきされは,
かすがのやまの,[寛]かすかのやまの,
もみちみる[寛],
ならのみやこの[寛],
あるらくをしも[寛],

巻数

第8巻

作者

大原今城

タイトルとURLをコピーしました