万葉集1481番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1481番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1481番について

歌番号

1481番

原文

我屋<戸>前乃|花橘尓|霍公鳥|今社鳴米|友尓相流時

訓読

我が宿の花橘に霍公鳥今こそ鳴かめ友に逢へる時

かな読み

わがやどの|はなたちばなに|ほととぎす|いまこそなかめ|ともにあへるとき

カタカナ読み

ワガヤドノ|ハナタチバナニ|ホトトギス|イマコソナカメ|トモニアヘルトキ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|HANATACHIBANANI|HOTOTOGISU|IMAKOSONAKAME|TOMONIAHERUTOKI

ローマ字読み|小文字

wagayadono|hanatachibanani|hototogisu|imakosonakame|tomoniaherutoki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|植物|動物

校異

->戸【類】【紀】

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
はなたちばなに,[寛]はなたちはなに,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
いまこそなかめ[寛],
ともにあへるとき[寛],

巻数

第8巻

作者

大伴書持

タイトルとURLをコピーしました