万葉集1455番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1455番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1455番について

歌番号

1455番

原文

玉切|命向|戀従者|公之三舶乃|梶柄母我

訓読

たまきはる命に向ひ恋ひむゆは君が御船の楫柄にもが

かな読み

たまきはる|いのちにむかひ|こひむゆは|きみがみふねの|かぢからにもが

カタカナ読み

タマキハル|イノチニムカヒ|コヒムユハ|キミガミフネノ|カヂカラニモガ

ローマ字読み|大文字

TAMAKIHARU|INOCHINIMUKAHI|KOHIMUYUHA|KIMIGAMIFUNENO|KAJIKARANIMOGA

ローマ字読み|小文字

tamakiharu|inochinimukahi|kohimuyuha|kimigamifuneno|kajikaranimoga

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春相聞|入唐使|贈答|送別|遣唐使|枕詞|天平5年閏3月年紀

校異

特に無し

寛永版本

たまきはる[寛],
いのちにむかひ,[寛]いのちにむかふ,
こひむゆは,[寛]こひよりは,
きみがみふねの,[寛]きみかみふねの,
かぢからにもが,[寛]かちからもわか,

巻数

第8巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました