万葉集1329番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1329番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1329番について

歌番号

1329番

原文

陸奥之|吾田多良真弓|著<絃>而|引者香人之|吾乎事将成

訓読

陸奥の安達太良真弓弦はけて引かばか人の我を言なさむ

かな読み

みちのくの|あだたらまゆみ|つらはけて|ひかばかひとの|わをことなさむ

カタカナ読み

ミチノクノ|アダタラマユミ|ツラハケテ|ヒカバカヒトノ|ワヲコトナサム

ローマ字読み|大文字

MICHINOKUNO|ADATARAMAYUMI|TSURAHAKETE|HIKABAKAHITONO|WAOKOTONASAMU

ローマ字読み|小文字

michinokuno|adataramayumi|tsurahakete|hikabakahitono|waokotonasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|尫柜蹋|植物

校異

絲->絃【元】【古】

寛永版本

みちのくの[寛],
あだたらまゆみ,[寛]あたたらまゆみ,
つらはけて,[寛]つるすけて,
ひかばかひとの,[寛]ひけはかひとの,
わをことなさむ,[寛]われをことなさむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました