万葉集1219番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1219番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1219番について

歌番号

1219番

原文

若浦尓|白浪立而|奥風|寒暮者|山跡之所念

訓読

若の浦に白波立ちて沖つ風寒き夕は大和し思ほゆ

かな読み

わかのうらに|しらなみたちて|おきつかぜ|さむきゆふへは|やまとしおもほゆ

カタカナ読み

ワカノウラニ|シラナミタチテ|オキツカゼ|サムキユフヘハ|ヤマトシオモホユ

ローマ字読み|大文字

WAKANORANI|SHIRANAMITACHITE|OKITSUKAZE|SAMUKIYUFUHEHA|YAMATOSHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

wakanorani|shiranamitachite|okitsukaze|samukiyufuheha|yamatoshiomohoyu

左注|左註

右七首者藤原卿作|未審年月

事項|分類・ジャンル

雑歌|藤原麻呂|羈旅|和歌山|地名|望郷

校異

特に無し

寛永版本

わかのうらに[寛],
しらなみたちて[寛],
おきつかぜ,[寛]おきつかせ,
さむきゆふへは,[寛]さむきゆふへは,
やまとしおもほゆ,[寛]やまとしそおもふ,

巻数

第7巻

作者

藤原房前

タイトルとURLをコピーしました