万葉集1090番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1090番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1090番について

歌番号

1090番

原文

吾妹子之|赤裳裙之|将染埿|今日之W霂尓|吾共所沾<名>

訓読

我妹子が赤裳の裾のひづちなむ今日の小雨に我れさへ濡れな

かな読み

わぎもこが|あかものすその|ひづちなむ|けふのこさめに|われさへぬれな

カタカナ読み

ワギモコガ|アカモノスソノ|ヒヅチナム|ケフノコサメニ|ワレサヘヌレナ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|AKAMONOSUSONO|HIZUCHINAMU|KEFUNOKOSAMENI|WARESAHENURENA

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|akamonosusono|hizuchinamu|kefunokosameni|waresahenurena

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌

校異

者->名【元】【類】【紀】【温】

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
あかものすその[寛],
ひづちなむ,[寛]そめひちむ,
けふのこさめに[寛],
われさへぬれな,[寛]われとぬれぬな,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました