万葉集1412番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1412番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1412番について

歌番号

1412番

原文

吾背子乎|何處行目跡|辟竹之|背向尓宿之久|今思悔裳

訓読

我が背子をいづち行かめとさき竹のそがひに寝しく今し悔しも

かな読み

わがせこを|いづちゆかめと|さきたけの|そがひにねしく|いましくやしも

カタカナ読み

ワガセコヲ|イヅチユカメト|サキタケノ|ソガヒニネシク|イマシクヤシモ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKO|IZUCHIYUKAMETO|SAKITAKENO|SOGAHININESHIKU|IMASHIKUYASHIMO

ローマ字読み|小文字

wagaseko|izuchiyukameto|sakitakeno|sogahinineshiku|imashikuyashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|後悔|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

わがせこを,[寛]わかせこを,
いづちゆかめと,[寛]いつちゆかめと,
さきたけの[寛],
そがひにねしく,[寛]そかひにねしく,
いましくやしも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました