万葉集1201番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1201番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1201番について

歌番号

1201番

原文

大海之|水底豊三|立浪之|将依思有|礒之清左

訓読

大海の水底響み立つ波の寄らむと思へる礒のさやけさ

かな読み

おほうみの|みなそことよみ|たつなみの|よせむとおもへる|いそのさやけさ

カタカナ読み

オホウミノ|ミナソコトヨミ|タツナミノ|ヨセムトオモヘル|イソノサヤケサ

ローマ字読み|大文字

OHOMINO|MINASOKOTOYOMI|TATSUNAMINO|YOSEMUTOMOHERU|ISONOSAYAKESA

ローマ字読み|小文字

ohomino|minasokotoyomi|tatsunamino|yosemutomoheru|isonosayakesa

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

おほうみの[寛],
みなそことよみ[寛],
たつなみの[寛],
よせむとおもへる,[寛]よらむとおもへる,
いそのさやけさ[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました