万葉集1369番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1369番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1369番について

歌番号

1369番

原文

天雲|近光而|響神之|見者恐|不見者悲毛

訓読

天雲に近く光りて鳴る神の見れば畏し見ねば悲しも

かな読み

あまくもに|ちかくひかりて|なるかみの|みればかしこし|みねばかなしも

カタカナ読み

アマクモニ|チカクヒカリテ|ナルカミノ|ミレバカシコシ|ミネバカナシモ

ローマ字読み|大文字

AMAKUMONI|CHIKAKUHIKARITE|NARUKAMINO|MIREBAKASHIKOSHI|MINEBAKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

amakumoni|chikakuhikarite|narukamino|mirebakashikoshi|minebakanashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|序詞

校異

特に無し

寛永版本

あまくもに[寛],
ちかくひかりて[寛],
なるかみの[寛],
みればかしこし,[寛]みれはかしこし,
みねばかなしも,[寛]みねはかなしも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました