万葉集1324番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1324番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1324番について

歌番号

1324番

原文

葦根之|懃念而|結義之|玉緒云者|人将解八方

訓読

葦の根のねもころ思ひて結びてし玉の緒といはば人解かめやも

かな読み

あしのねの|ねもころおもひて|むすびてし|たまのをといはば|ひととかめやも

カタカナ読み

アシノネノ|ネモコロオモヒテ|ムスビテシ|タマノヲトイハバ|ヒトトカメヤモ

ローマ字読み|大文字

ASHINONENO|NEMOKOROMOHITE|MUSUBITESHI|TAMANOTOIHABA|HITOTOKAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

ashinoneno|nemokoromohite|musubiteshi|tamanotoihaba|hitotokameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

あしのねの[寛],
ねもころおもひて[寛],
むすびてし,[寛]むすひてし,
たまのをといはば,[寛]たまのをといはは,
ひととかめやも,[寛]ひととかむやも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました