万葉集1198番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1198番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1198番について

歌番号

1198番

原文

求食為跡|礒二住鶴|暁去者|濱風寒弥|自妻喚毛

訓読

あさりすと礒に棲む鶴明けされば浜風寒み己妻呼ぶも

かな読み

あさりすと|いそにすむたづ|あけされば|はまかぜさむみ|おのづまよぶも

カタカナ読み

アサリスト|イソニスムタヅ|アケサレバ|ハマカゼサムミ|オノヅマヨブモ

ローマ字読み|大文字

ASARISUTO|ISONISUMUTAZU|AKESAREBA|HAMAKAZESAMUMI|ONOZUMAYOBUMO

ローマ字読み|小文字

asarisuto|isonisumutazu|akesareba|hamakazesamumi|onozumayobumo

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|動物

校異

特に無し

寛永版本

あさりすと[寛],
いそにすむたづ,[寛]いそにすむたつ,
あけされば,[寛]あけゆけは,
はまかぜさむみ,[寛]はまかせさむみ,
おのづまよぶも,[寛]おのかつまよふも,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました