万葉集1119番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1119番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1119番について

歌番号

1119番

原文

徃川之|過去人之|手不折者|裏觸立|三和之桧原者

訓読

行く川の過ぎにし人の手折らねばうらぶれ立てり三輪の桧原は

かな読み

ゆくかはの|すぎにしひとの|たをらねば|うらぶれたてり|みわのひはらは

カタカナ読み

ユクカハノ|スギニシヒトノ|タヲラネバ|ウラブレタテリ|ミワノヒハラハ

ローマ字読み|大文字

YUKUKAHANO|SUGINISHIHITONO|TAORANEBA|URABURETATERI|MIWANOHIHARAHA

ローマ字読み|小文字

yukukahano|suginishihitono|taoraneba|uraburetateri|miwanohiharaha

左注|左註

右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|三輪山|奈良|非略体|地名|悲嘆

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ゆくかはの[寛],
すぎにしひとの,[寛]すきゆくひとの,
たをらねば,[寛]たをらねは,
うらぶれたてり,[寛]うらふれたてり,
みわのひはらは[寛],

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました