万葉集1144番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1144番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1144番について

歌番号

1144番

原文

悔毛|満奴流塩鹿|墨江之|岸乃浦廻従|行益物乎

訓読

悔しくも満ちぬる潮か住吉の岸の浦廻ゆ行かましものを

かな読み

くやしくも|みちぬるしほか|すみのえの|きしのうらみゆ|ゆかましものを

カタカナ読み

クヤシクモ|ミチヌルシホカ|スミノエノ|キシノウラミユ|ユカマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

KUYASHIKUMO|MICHINURUSHIHOKA|SUMINOENO|KISHINORAMIYU|YUKAMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

kuyashikumo|michinurushihoka|suminoeno|kishinoramiyu|yukamashimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

くやしくも[寛],
みちぬるしほか[寛],
すみのえの[寛],
きしのうらみゆ,[寛]きしのうらわに,
ゆかましものを[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました