万葉集1086番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1086番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1086番について

歌番号

1086番

原文

靱懸流|伴雄廣伎|大伴尓|國将榮常|月者照良思

訓読

靫懸くる伴の男広き大伴に国栄えむと月は照るらし

かな読み

ゆきかくる|とものをひろき|おほともに|くにさかえむと|つきはてるらし

カタカナ読み

ユキカクル|トモノヲヒロキ|オホトモニ|クニサカエムト|ツキハテルラシ

ローマ字読み|大文字

YUKIKAKURU|TOMONOHIROKI|OHOTOMONI|KUNISAKAEMUTO|TSUKIHATERURASHI

ローマ字読み|小文字

yukikakuru|tomonohiroki|ohotomoni|kunisakaemuto|tsukihaterurashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|寿歌

校異

特に無し

寛永版本

ゆきかくる[寛],
とものをひろき[寛],
おほともに[寛],
くにさかえむと[寛],
つきはてるらし[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました