万葉集1350番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1350番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1350番について

歌番号

1350番

原文

淡海之哉|八橋乃小竹乎|不造<笶>而|信有得哉|戀敷鬼<呼>

訓読

近江のや八橋の小竹を矢はがずてまことありえむや恋しきものを

かな読み

あふみのや|やばせのしのを|やはがずて|まことありえむや|こほしきものを

カタカナ読み

アフミノヤ|ヤバセノシノヲ|ヤハガズテ|マコトアリエムヤ|コホシキモノヲ

ローマ字読み|大文字

AFUMINOYA|YABASENOSHINO|YAHAGAZUTE|MAKOTOARIEMUYA|KOHOSHIKIMONO

ローマ字読み|小文字

afuminoya|yabasenoshino|yahagazute|makotoariemuya|kohoshikimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|滋賀県|恋愛|地名|植物

校異

矢->笶【元】【類】【古】【紀】|乎->呼【元】【紀】

寛永版本

あふみのや[寛],
やばせのしのを,[寛]やはせのしのを,
やはがずて,[寛]やにはかて,
まことありえむや,[寛]まことありとや,
こほしきものを,[寛]こひしきものを,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました