万葉集1123番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1123番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1123番について

歌番号

1123番

原文

佐保河之|清河原尓|鳴<知>鳥|河津跡二|忘金都毛

訓読

佐保川の清き川原に鳴く千鳥かはづと二つ忘れかねつも

かな読み

さほがはの|きよきかはらに|なくちどり|かはづとふたつ|わすれかねつも

カタカナ読み

サホガハノ|キヨキカハラニ|ナクチドリ|カハヅトフタツ|ワスレカネツモ

ローマ字読み|大文字

SAHOGAHANO|KIYOKIKAHARANI|NAKUCHIDORI|KAHAZUTOFUTATSU|WASUREKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

sahogahano|kiyokikaharani|nakuchidori|kahazutofutatsu|wasurekanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|奈良|地名|動物|恋情

校異

智->知【類】【紀】【細】

寛永版本

さほがはの,[寛]さほかはの,
きよきかはらに[寛],
なくちどり,[寛]なくちとり,
かはづとふたつ,[寛]かはつとふたつ,
わすれかねつも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました