万葉集1228番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1228番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1228番について

歌番号

1228番

原文

風早之|三穂乃浦廻乎|榜舟之|船人動|浪立良下

訓読

風早の三穂の浦廻を漕ぐ舟の舟人騒く波立つらしも

かな読み

かざはやの|みほのうらみを|こぐふねの|ふなびとさわく|なみたつらしも

カタカナ読み

カザハヤノ|ミホノウラミヲ|コグフネノ|フナビトサワク|ナミタツラシモ

ローマ字読み|大文字

KAZAHAYANO|MIHONORAMIO|KOGUFUNENO|FUNABITOSAWAKU|NAMITATSURASHIMO

ローマ字読み|小文字

kazahayano|mihonoramio|kogufuneno|funabitosawaku|namitatsurashimo

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|地名

校異

特に無し

寛永版本

かざはやの,[寛]かさはやの,
みほのうらみを,[寛]みほのうらわを,
こぐふねの,[寛]こくふねの,
ふなびとさわく,[寛]ふなひとさわく,
なみたつらしも[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました