万葉集1068番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1068番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1068番について

歌番号

1068番

原文

天海丹|雲之波立|月船|星之林丹|榜隠所見

訓読

天の海に雲の波立ち月の舟星の林に漕ぎ隠る見ゆ

かな読み

あめのうみに|くものなみたち|つきのふね|ほしのはやしに|こぎかくるみゆ

カタカナ読み

アメノウミニ|クモノナミタチ|ツキノフネ|ホシノハヤシニ|コギカクルミユ

ローマ字読み|大文字

AMENOMINI|KUMONONAMITACHI|TSUKINOFUNE|HOSHINOHAYASHINI|KOGIKAKURUMIYU

ローマ字読み|小文字

amenomini|kumononamitachi|tsukinofune|hoshinohayashini|kogikakurumiyu

左注|左註

右一首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|非略体

校異

歌【西】謌|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あめのうみに[寛],
くものなみたち[寛],
つきのふね[寛],
ほしのはやしに[寛],
こぎかくるみゆ,[寛]こきかくるみゆ,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました