万葉集1163番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1163番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1163番について

歌番号

1163番

原文

年魚市方|塩干家良思|知多乃浦尓|朝榜舟毛|奥尓依所見

訓読

年魚市潟潮干にけらし知多の浦に朝漕ぐ舟も沖に寄る見ゆ

かな読み

あゆちがた|しほひにけらし|ちたのうらに|あさこぐふねも|おきによるみゆ

カタカナ読み

アユチガタ|シホヒニケラシ|チタノウラニ|アサコグフネモ|オキニヨルミユ

ローマ字読み|大文字

AYUCHIGATA|SHIHOHINIKERASHI|CHITANORANI|ASAKOGUFUNEMO|OKINIYORUMIYU

ローマ字読み|小文字

ayuchigata|shihohinikerashi|chitanorani|asakogufunemo|okiniyorumiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|名古屋|愛知|羈旅|叙景|地名

校異

特に無し

寛永版本

あゆちがた,[寛]あゆちかた,
しほひにけらし[寛],
ちたのうらに[寛],
あさこぐふねも,[寛]あさこくふねも,
おきによるみゆ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました