万葉集1207番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1207番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1207番について

歌番号

1207番

原文

粟嶋尓|許枳将渡等|思鞆|赤石門浪|未佐和来

訓読

粟島に漕ぎ渡らむと思へども明石の門波いまだ騒けり

かな読み

あはしまに|こぎわたらむと|おもへども|あかしのとなみ|いまださわけり

カタカナ読み

アハシマニ|コギワタラムト|オモヘドモ|アカシノトナミ|イマダサワケリ

ローマ字読み|大文字

AHASHIMANI|KOGIWATARAMUTO|OMOHEDOMO|AKASHINOTONAMI|IMADASAWAKERI

ローマ字読み|小文字

ahashimani|kogiwataramuto|omohedomo|akashinotonami|imadasawakeri

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|地名

校異

特に無し

寛永版本

あはしまに[寛],
こぎわたらむと,[寛]こきわたらむと,
おもへども,[寛]おもへとも,
あかしのとなみ[寛],
いまださわけり,[寛]いまたさわけり,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました