万葉集1153番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1153番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1153番について

歌番号

1153番

原文

住吉之|名兒之濱邊尓|馬立而|玉拾之久|常不所忘

訓読

住吉の名児の浜辺に馬立てて玉拾ひしく常忘らえず

かな読み

すみのえの|なごのはまへに|うまたてて|たまひりひしく|つねわすらえず

カタカナ読み

スミノエノ|ナゴノハマヘニ|ウマタテテ|タマヒリヒシク|ツネワスラエズ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|NAGONOHAMAHENI|UMATATETE|TAMAHIRIHISHIKU|TSUNEWASURAEZU

ローマ字読み|小文字

suminoeno|nagonohamaheni|umatatete|tamahirihishiku|tsunewasuraezu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

すみのえの[寛],
なごのはまへに,[寛]なこのはまへに,
うまたてて[寛],
たまひりひしく,[寛]たまひろひしく,
つねわすらえず,[寛]つねわすられす,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました