万葉集1115番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1115番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1115番について

歌番号

1115番

原文

妹之紐|結八<河>内乎|古之|并人見等|此乎誰知

訓読

妹が紐結八河内をいにしへのみな人見きとここを誰れ知る

かな読み

いもがひも|ゆふやかふちを|いにしへの|みなひとみきと|ここをたれしる

カタカナ読み

イモガヒモ|ユフヤカフチヲ|イニシヘノ|ミナヒトミキト|ココヲタレシル

ローマ字読み|大文字

IMOGAHIMO|YUFUYAKAFUCHIO|INISHIHENO|MINAHITOMIKITO|KOKOTARESHIRU

ローマ字読み|小文字

imogahimo|yufuyakafuchio|inishiheno|minahitomikito|kokotareshiru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|序詞|土地讃美|地名

校異

川->河【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

いもがひも,[寛]いもかひも,
ゆふやかふちを,[寛]ゆふはかうちを,
いにしへの[寛],
みなひとみきと[寛],
ここをたれしる,[寛]これをたれしる,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました