万葉集1072番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1072番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1072番について

歌番号

1072番

原文

明日之夕|将照月夜者|片因尓|今夜尓因而|夜長有

訓読

明日の宵照らむ月夜は片寄りに今夜に寄りて夜長くあらなむ

かな読み

あすのよひ|てらむつくよは|かたよりに|こよひによりて|よながくあらなむ

カタカナ読み

アスノヨヒ|テラムツクヨハ|カタヨリニ|コヨヒニヨリテ|ヨナガクアラナム

ローマ字読み|大文字

ASUNOYOHI|TERAMUTSUKUYOHA|KATAYORINI|KOYOHINIYORITE|YONAGAKUARANAMU

ローマ字読み|小文字

asunoyohi|teramutsukuyoha|katayorini|koyohiniyorite|yonagakuaranamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌

校異

特に無し

寛永版本

あすのよひ,[寛]あすのよも,
てらむつくよは,[寛]てらむつきよは,
かたよりに[寛],
こよひによりて,[寛]
よながくあらなむ,[寛]よなかからなむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました