万葉集1174番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1174番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1174番について

歌番号

1174番

原文

霰零|鹿嶋之埼乎|浪高|過而夜将行|戀敷物乎

訓読

霰降り鹿島の崎を波高み過ぎてや行かむ恋しきものを

かな読み

あられふり|かしまのさきを|なみたかみ|すぎてやゆかむ|こほしきものを

カタカナ読み

アラレフリ|カシマノサキヲ|ナミタカミ|スギテヤユカム|コホシキモノヲ

ローマ字読み|大文字

ARAREFURI|KASHIMANOSAKIO|NAMITAKAMI|SUGITEYAYUKAMU|KOHOSHIKIMONO

ローマ字読み|小文字

ararefuri|kashimanosakio|namitakami|sugiteyayukamu|kohoshikimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|茨城|土地讃美|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

あられふり[寛],
かしまのさきを[寛],
なみたかみ[寛],
すぎてやゆかむ,[寛]すきてやゆかむ,
こほしきものを,[寛]こひしきものを,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました