万葉集1273番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1273番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1273番について

歌番号

1273番

原文

住吉|波豆麻<公>之|馬乗衣|雜豆臈|漢女乎座而|縫衣叙

訓読

住吉の波豆麻の君が馬乗衣さひづらふ漢女を据ゑて縫へる衣ぞ

かな読み

すみのえの|はづまのきみが|うまのりころも|さひづらふ|あやめをすゑて|ぬへるころもぞ

カタカナ読み

スミノエノ|ハヅマノキミガ|ウマノリコロモ|サヒヅラフ|アヤメヲスヱテ|ヌヘルコロモゾ

ローマ字読み|大文字

SUMINOENO|HAZUMANOKIMIGA|UMANORIKOROMO|SAHIZURAFU|AYAMEOSUETE|NUHERUKOROMOZO

ローマ字読み|小文字

suminoeno|hazumanokimiga|umanorikoromo|sahizurafu|ayameosuete|nuherukoromozo

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|非略体|地名|大阪

校異

君->公【元】【古】【紀】【温】

寛永版本

すみのえの,[寛]すみのえは,
はづまのきみが,[寛]つまのきみか,
うまのりころも,[寛]まそころも,
さひづらふ,[寛]さにつらふ,
あやめをすゑて,[寛]をとめをすへて,
ぬへるころもぞ,[寛]ぬへるころもそ,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました