万葉集1328番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1328番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1328番について

歌番号

1328番

原文

伏膝|玉之小琴之|事無者|甚幾許|吾将戀也毛

訓読

膝に伏す玉の小琴の事なくはいたくここだく我れ恋ひめやも

かな読み

ひざにふす|たまのをごとの|ことなくは|いたくここだく|あれこひめやも

カタカナ読み

ヒザニフス|タマノヲゴトノ|コトナクハ|イタクココダク|アレコヒメヤモ

ローマ字読み|大文字

HIZANIFUSU|TAMANOGOTONO|KOTONAKUHA|ITAKUKOKODAKU|AREKOHIMEYAMO

ローマ字読み|小文字

hizanifusu|tamanogotono|kotonakuha|itakukokodaku|arekohimeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

ひざにふす,[寛]ひさにふす,
たまのをごとの,[寛]たまのをことの,
ことなくは[寛],
いたくここだく,[寛]いとかくはかり,
あれこひめやも,[寛]わかこひむやも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました