万葉集1178番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1178番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1178番について

歌番号

1178番

原文

印南野者|徃過奴良之|天傳|日笠浦|波立見|[一云|思賀麻江者|許藝須疑奴良思]

訓読

印南野は行き過ぎぬらし天伝ふ日笠の浦に波立てり見ゆ|[一云|飾磨江は漕ぎ過ぎぬらし]

かな読み

いなみのは|ゆきすぎぬらし|あまづたふ|ひかさのうらに|なみたてりみゆ|[しかまえは|こぎすぎぬらし]

カタカナ読み

イナミノハ|ユキスギヌラシ|アマヅタフ|ヒカサノウラニ|ナミタテリミユ|[シカマエハ|コギスギヌラシ]

ローマ字読み|大文字

INAMINOHA|YUKISUGINURASHI|AMAZUTAFU|HIKASANORANI|NAMITATERIMIYU|[SHIKAMAEHA|KOGISUGINURASHI]

ローマ字読み|小文字

inaminoha|yukisuginurashi|amazutafu|hikasanorani|namitaterimiyu|[shikamaeha|kogisuginurashi]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|兵庫|地名|叙景

校異

特に無し

寛永版本

いなみのは[寛],
ゆきすぎぬらし,[寛]ゆきすきぬらし,
あまづたふ,[寛]あまつたふ,
ひかさのうらに[寛],
なみたてりみゆ,[寛]なみたてるみゆ,
[しかまえは[寛],
こぎすぎぬらし],[寛]こきすきぬらし,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました