万葉集1235番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1235番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1235番について

歌番号

1235番

原文

浪高之|奈何梶<執>|水鳥之|浮宿也應為|猶哉可榜

訓読

波高しいかに楫取り水鳥の浮寝やすべきなほや漕ぐべき

かな読み

なみたかし|いかにかぢとり|みづとりの|うきねやすべき|なほやこぐべき

カタカナ読み

ナミタカシ|イカニカヂトリ|ミヅトリノ|ウキネヤスベキ|ナホヤコグベキ

ローマ字読み|大文字

NAMITAKASHI|IKANIKAJITORI|MIZUTORINO|UKINEYASUBEKI|NAHOYAKOGUBEKI

ローマ字読み|小文字

namitakashi|ikanikajitori|mizutorino|ukineyasubeki|nahoyakogubeki

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|動物

校異

取->執【元】【類】【紀】

寛永版本

なみたかし[寛],
いかにかぢとり,[寛]いかにかちとり,
みづとりの,[寛]みつとりの,
うきねやすべき,[寛]うきねやすへき,
なほやこぐべき,[寛]なをやこくへき,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました