万葉集1278番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1278番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1278番について

歌番号

1278番

原文

夏影|房之下<邇>|衣裁吾妹|裏儲|吾為裁者|差大裁

訓読

夏蔭の妻屋の下に衣裁つ我妹うら設けて我がため裁たばやや大に裁て

かな読み

なつかげの|つまやのしたに|きぬたつわぎも|うらまけて|あがためたたば|ややおほにたて

カタカナ読み

ナツカゲノ|ツマヤノシタニ|キヌタツワギモ|ウラマケテ|アガタメタタバ|ヤヤオホニタテ

ローマ字読み|大文字

NATSUKAGENO|TSUMAYANOSHITANI|KINUTATSUWAGIMO|URAMAKETE|AGATAMETATABA|YAYAOHONITATE

ローマ字読み|小文字

natsukageno|tsumayanoshitani|kinutatsuwagimo|uramakete|agatametataba|yayaohonitate

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|恋愛|非略体

校異

庭->邇【元】【古】【紀】

寛永版本

なつかげの,[寛]なつかけの,
つまやのしたに,[寛]ねやのしたにて,
きぬたつわぎも,[寛]ころもたつわきも,
うらまけて[寛],
あがためたたば,[寛]わかためたたは,
ややおほにたて,[寛]やおほきにたて,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました