万葉集1293番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1293番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1293番について

歌番号

1293番

原文

丸雪降|遠江|吾跡川楊|雖苅|亦生云|余跡川楊

訓読

霰降り遠つ淡海の吾跡川楊刈れどもまたも生ふといふ吾跡川楊

かな読み

あられふり|とほつあふみの|あとかはやなぎ|かれども|またもおふといふ|あとかはやなぎ

カタカナ読み

アラレフリ|トホツアフミノ|アトカハヤナギ|カレドモ|マタモオフトイフ|アトカハヤナギ

ローマ字読み|大文字

ARAREFURI|TOHOTSUAFUMINO|ATOKAHAYANAGI|KAREDOMO|MATAMOFUTOIFU|ATOKAHAYANAGI

ローマ字読み|小文字

ararefuri|tohotsuafumino|atokahayanagi|karedomo|matamofutoifu|atokahayanagi

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|静岡|譬喩|略体|枕詞|植物|地名

校異

特に無し

寛永版本

あられふり,[寛]あられふる,
とほつあふみの,[寛]とほつえにある,
あとかはやなぎ,[寛]あとかはやなき,
かれども,[寛]かりつとも,
またもおふといふ,[寛]またもおふてふ,
あとかはやなぎ,[寛]あとかはやなき,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました