万葉集1206番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1206番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1206番について

歌番号

1206番

原文

奥津波|部都藻纒持|依来十方|君尓益有|玉将縁八方|[一云|沖津浪|邊<浪>布敷|縁来登母]

訓読

沖つ波辺つ藻巻き持ち寄せ来とも君にまされる玉寄せめやも|[一云|沖つ波辺波しくしく寄せ来とも]

かな読み

おきつなみ|へつもまきもち|よせくとも|きみにまされる|たまよせめやも|[おきつなみ|へなみしくしく|よせくとも]

カタカナ読み

オキツナミ|ヘツモマキモチ|ヨセクトモ|キミニマサレル|タマヨセメヤモ|[オキツナミ|ヘナミシクシク|ヨセクトモ]

ローマ字読み|大文字

OKITSUNAMI|HETSUMOMAKIMOCHI|YOSEKUTOMO|KIMINIMASARERU|TAMAYOSEMEYAMO|[OKITSUNAMI|HENAMISHIKUSHIKU|YOSEKUTOMO]

ローマ字読み|小文字

okitsunami|hetsumomakimochi|yosekutomo|kiminimasareru|tamayosemeyamo|[okitsunami|henamishikushiku|yosekutomo]

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|比喩

校異

波->浪【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

おきつなみ[寛],
へつもまきもち,[寛]へつもまきもて,
よせくとも,[寛]よりくとも,
きみにまされる[寛],
たまよせめやも,[寛]たまよらむやも,
[おきつなみ[寛],
へなみしくしく[寛],
よせくとも],[寛]よりくとも,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました