万葉集1122番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1122番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1122番について

歌番号

1122番

原文

山際尓|渡秋沙乃|<行>将居|其河瀬尓|浪立勿湯目

訓読

山の際に渡るあきさの行きて居むその川の瀬に波立つなゆめ

かな読み

やまのまに|わたるあきさの|ゆきてゐむ|そのかはのせに|なみたつなゆめ

カタカナ読み

ヤマノマニ|ワタルアキサノ|ユキテヰム|ソノカハノセニ|ナミタツナユメ

ローマ字読み|大文字

YAMANOMANI|WATARUAKISANO|YUKITEIMU|SONOKAHANOSENI|NAMITATSUNAYUME

ローマ字読み|小文字

yamanomani|wataruakisano|yukiteimu|sonokahanoseni|namitatsunayume

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|動物|序詞

校異

徃->行【類】【紀】

寛永版本

やまのまに,[寛]やまのはに,
わたるあきさの[寛],
ゆきてゐむ[寛],
そのかはのせに,[寛]そのなはのせに,
なみたつなゆめ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました