万葉集1192番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1192番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1192番について

歌番号

1192番

原文

白栲尓|丹保布信土之|山川尓|吾馬難|家戀良下

訓読

白栲ににほふ真土の山川に我が馬なづむ家恋ふらしも

かな読み

しろたへに|にほふまつちの|やまがはに|あがうまなづむ|いへこふらしも

カタカナ読み

シロタヘニ|ニホフマツチノ|ヤマガハニ|アガウマナヅム|イヘコフラシモ

ローマ字読み|大文字

SHIROTAHENI|NIHOFUMATSUCHINO|YAMAGAHANI|AGAUMANAZUMU|IHEKOFURASHIMO

ローマ字読み|小文字

shirotaheni|nihofumatsuchino|yamagahani|agaumanazumu|ihekofurashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|紀州|和歌山|地名

校異

特に無し

寛永版本

しろたへに[寛],
にほふまつちの[寛],
やまがはに,[寛]やまかはに,
あがうまなづむ,[寛]わかうまなつむ,
いへこふらしも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました