万葉集1313番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1313番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1313番について

歌番号

1313番

原文

紅之|深染之衣|下著而|上取著者|事将成鴨

訓読

紅の深染めの衣下に着て上に取り着ば言なさむかも

かな読み

くれなゐの|こそめのころも|したにきて|うへにとりきば|ことなさむかも

カタカナ読み

クレナヰノ|コソメノコロモ|シタニキテ|ウヘニトリキバ|コトナサムカモ

ローマ字読み|大文字

KURENAINO|KOSOMENOKOROMO|SHITANIKITE|UHENITORIKIBA|KOTONASAMUKAMO

ローマ字読み|小文字

kurenaino|kosomenokoromo|shitanikite|uhenitorikiba|kotonasamukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

くれなゐの[寛],
こそめのころも[寛],
したにきて[寛],
うへにとりきば,[寛]うへにとりきは,
ことなさむかも,[寛]ことならむかも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました