万葉集1310番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1310番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1310番について

歌番号

1310番

原文

雲隠|小嶋神之|恐者|目間|心間哉

訓読

雲隠る小島の神の畏けば目こそ隔てれ心隔てや

かな読み

くもがくる|こしまのかみの|かしこけば|めこそへだてれ|こころへだてや

カタカナ読み

クモガクル|コシマノカミノ|カシコケバ|メコソヘダテレ|ココロヘダテヤ

ローマ字読み|大文字

KUMOGAKURU|KOSHIMANOKAMINO|KASHIKOKEBA|MEKOSOHEDATERE|KOKOROHEDATEYA

ローマ字読み|小文字

kumogakuru|koshimanokamino|kashikokeba|mekosohedatere|kokorohedateya

左注|左註

右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|略体

校異

特に無し

寛永版本

くもがくる,[寛]くもかくれ,
こしまのかみの,[寛]をしまのかみの,
かしこけば,[寛]かしこくは,
めこそへだてれ,[寛]めはへたつとも,
こころへだてや,[寛]こころへたつな,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました