万葉集1277番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1277番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1277番について

歌番号

1277番

原文

天在|日賣菅原|草<莫>苅嫌|弥<那>綿|香烏髪|飽田志付勿

訓読

天なる日売菅原の草な刈りそね蜷の腸か黒き髪にあくたし付くも

かな読み

あめなる|ひめすがはらの|くさなかりそね|みなのわた|かぐろきかみに|あくたしつくも

カタカナ読み

アメナル|ヒメスガハラノ|クサナカリソネ|ミナノワタ|カグロキカミニ|アクタシツクモ

ローマ字読み|大文字

AMENARU|HIMESUGAHARANO|KUSANAKARISONE|MINANOWATA|KAGUROKIKAMINI|AKUTASHITSUKUMO

ローマ字読み|小文字

amenaru|himesugaharano|kusanakarisone|minanowata|kagurokikamini|akutashitsukumo

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|恋愛|非略体

校異

->莫【西(右書)】【紀】【細】【温】|->那【西(右書)】【元】【紀】【細】

寛永版本

あめなる,[寛]あめにある,
ひめすがはらの,[寛]ひめすかはらの,
くさなかりそね[寛],
みなのわた[寛],
かぐろきかみに,[寛]かくろかみに,
あくたしつくも,[寛]あくたしつくな,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました