万葉集1368番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1368番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1368番について

歌番号

1368番

原文

石倉之|小野従秋津尓|發渡|雲西裳在哉|時乎思将待

訓読

岩倉の小野ゆ秋津に立ちわたる雲にしもあれや時をし待たむ

かな読み

いはくらの|をのゆあきづに|たちわたる|くもにしもあれや|ときをしまたむ

カタカナ読み

イハクラノ|ヲノユアキヅニ|タチワタル|クモニシモアレヤ|トキヲシマタム

ローマ字読み|大文字

IHAKURANO|ONOYUAKIZUNI|TACHIWATARU|KUMONISHIMOAREYA|TOKIOSHIMATAMU

ローマ字読み|小文字

ihakurano|onoyuakizuni|tachiwataru|kumonishimoareya|tokioshimatamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|和歌山県|田辺市|地名

校異

特に無し

寛永版本

いはくらの[寛],
をのゆあきづに,[寛]をのよりあきつに,
たちわたる[寛],
くもにしもあれや[寛],
ときをしまたむ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました