万葉集1366番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1366番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1366番について

歌番号

1366番

原文

明日香川|七瀬之不行尓|住鳥毛|意有社|波不立目

訓読

明日香川七瀬の淀に住む鳥も心あれこそ波立てざらめ

かな読み

あすかがは|ななせのよどに|すむとりも|こころあれこそ|なみたてざらめ

カタカナ読み

アスカガハ|ナナセノヨドニ|スムトリモ|ココロアレコソ|ナミタテザラメ

ローマ字読み|大文字

ASUKAGAHA|NANASENOYODONI|SUMUTORIMO|KOKOROAREKOSO|NAMITATEZARAME

ローマ字読み|小文字

asukagaha|nanasenoyodoni|sumutorimo|kokoroarekoso|namitatezarame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|尫柜蹋|飛鳥|地名|動物

校異

特に無し

寛永版本

あすかがは,[寛]あすかかは,
ななせのよどに,[寛]ななせのよとに,
すむとりも[寛],
こころあれこそ,[寛]こころあれはこそ,
なみたてざらめ,[寛]なみたたさらめ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました