万葉集1281番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1281番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1281番について

歌番号

1281番

原文

<公>為|手力勞|織在衣服<叙>|春去|何<色>|揩者吉

訓読

君がため手力疲れ織れる衣ぞ春さらばいかなる色に摺りてばよけむ

かな読み

きみがため|たぢからつかれ|おれるころもぞ|はるさらば|いかなるいろに|すりてばよけむ

カタカナ読み

キミガタメ|タヂカラツカレ|オレルコロモゾ|ハルサラバ|イカナルイロニ|スリテバヨケム

ローマ字読み|大文字

KIMIGATAME|TAJIKARATSUKARE|ORERUKOROMOZO|HARUSARABA|IKANARUIRONI|SURITEBAYOKEMU

ローマ字読み|小文字

kimigatame|tajikaratsukare|orerukoromozo|harusaraba|ikanaruironi|suritebayokemu

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|恋愛|非略体

校異

君->公【元】【古】【紀】【温】|斜->叙【万葉集全釈】|々->色【万葉集略解】

寛永版本

きみがため,[寛]きみかため,
たぢからつかれ,[寛]てつからをれる,
おれるころもぞ,[寛]ころもきななめ,
はるさらば,[寛]はるさらは,
いかなるいろに,[寛]いかにやいかに,
すりてばよけむ,[寛]すりてはよけむ,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました