万葉集1283番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1283番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1283番について

歌番号

1283番

原文

橋立|倉椅川|石走者裳|壮子時|我度為|石走者裳

訓読

はしたての倉橋川の石の橋はも男盛りに我が渡りてし石の橋はも

かな読み

はしたての|くらはしがはの|いしのはしはも|をざかりに|わがわたりてし|いしのはしはも

カタカナ読み

ハシタテノ|クラハシガハノ|イシノハシハモ|ヲザカリニ|ワガワタリテシ|イシノハシハモ

ローマ字読み|大文字

HASHITATENO|KURAHASHIGAHANO|ISHINOHASHIHAMO|OZAKARINI|WAGAWATARITESHI|ISHINOHASHIHAMO

ローマ字読み|小文字

hashitateno|kurahashigahano|ishinohashihamo|ozakarini|wagawatariteshi|ishinohashihamo

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|恋愛|追憶|非略体|奈良|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

はしたての[寛],
くらはしがはの,[寛]くらはしかはの,
いしのはしはも[寛],
をざかりに,[寛]みさかりに,
わがわたりてし,[寛]わかわたしたり,
いしのはしはも[寛],

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました