万葉集1131番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1131番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1131番について

歌番号

1131番

原文

皆人之|戀三<芳>野|今日見者|諾母戀来|山川清見

訓読

皆人の恋ふるみ吉野今日見ればうべも恋ひけり山川清み

かな読み

みなひとの|こふるみよしの|けふみれば|うべもこひけり|やまかはきよみ

カタカナ読み

ミナヒトノ|コフルミヨシノ|ケフミレバ|ウベモコヒケリ|ヤマカハキヨミ

ローマ字読み|大文字

MINAHITONO|KOFURUMIYOSHINO|KEFUMIREBA|UBEMOKOHIKERI|YAMAKAHAKIYOMI

ローマ字読み|小文字

minahitono|kofurumiyoshino|kefumireba|ubemokohikeri|yamakahakiyomi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|羈旅|地名|恋情|土地讃美

校異

吉->芳【元】【類】【紀】

寛永版本

みなひとの[寛],
こふるみよしの[寛],
けふみれば,[寛]けふみれは,
うべもこひけり,[寛]うへもこひけり,
やまかはきよみ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました