万葉集1238番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1238番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1238番について

歌番号

1238番

原文

竹嶋乃|阿戸白波者|動友|吾家思|五百入鉇染

訓読

高島の安曇白波は騒けども我れは家思ふ廬り悲しみ

かな読み

たかしまの|あどしらなみは|さわけども|われはいへおもふ|いほりかなしみ

カタカナ読み

タカシマノ|アドシラナミハ|サワケドモ|ワレハイヘオモフ|イホリカナシミ

ローマ字読み|大文字

TAKASHIMANO|ADOSHIRANAMIHA|SAWAKEDOMO|WAREHAIHEOMOFU|IHORIKANASHIMI

ローマ字読み|小文字

takashimano|adoshiranamiha|sawakedomo|warehaiheomofu|ihorikanashimi

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|滋賀|望郷|地名

校異

特に無し

寛永版本

たかしまの[寛],
あどしらなみは,[寛]あとかはなみは,
さわけども,[寛]とよめとも,
われはいへおもふ[寛],
いほりかなしみ,[寛]いほりかなしも,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました